ハガクレ、遂に閉幕


ハガクレ、9年の歴史に幕を閉じる

2020末のFlashプレイヤーのサポート停止に伴い、2011年8月にリリースされた「ハガクレ」が、遂にサービスを終了しました。皆さん9年もの長い間、ハガクレで楽しかったことや辛かったこと、色々あったと思います。本当にお疲れさまでした。

(追記2020年1月3日 まだサービス終了してないみたいですね。てっきり元日にサービス終了すると思って、この記事を元日に自動で投稿するように設定していました。フライングしちゃいましたね。。。)

(追記2020年1月12日 ついに終了。。。 悲しいですな。ありがとう、ハガクレ。)

殲滅部隊も、ハガクレをより楽しくするため、攻略ページ・日記ページの作成や、イベントの開催に努めてきました。当記事は、殲滅部隊がクランとして頑張ってきたことを、記録として残しておくものです。是非、最後までお付き合いください。

 

殲滅部隊が頑張ってきたこと

①攻略ページ

2015年に攻略WIKIを作った際は、「初心者が上級者レベルになるための記事を揃える」ことを目標に攻略ページを充実させていきました。かかった期間は約4か月。他のサイトの真似事にならないよううに気を付けながら、画像を集めたり文章を考えたりしていました。攻略サイトの文章の大半は隊長、画像収集の大半は副隊長が担当しました。「質」にこだわってサイト作成を行った結果、1日のアクセス数が2000を上回ることもありました。ハガクレ全盛期に存在していた「ドナルドマジックWIKI」と同等以上のアクセス数を記録できたのは、他でもない皆さんのおかげです。ありがとうございました。

自分達の作成したWIKIで議論が活発に行われるようになったのは、正直うれしかったです。しかし、それと共に議論がエスカレートしていき、暴言を発するプレイヤー、更には議論とは程遠い暴言・荒らしをするプレイヤーが増えていきます。ハガクレ界隈のプレイヤーは正直民度が高いとはこれっぽっちも思っていなかったのですが、違法行為を平然と行うWIKI民や、平然と偽物をするプレイヤー等を目の当たりにし、想定以上に民度が低いことを思い知らされました。このようなプレイヤーによって、ハガクレのプレイヤーが減ってしまうことを危惧し、荒らしをするプレイヤーの取り締まりを強化していきました。具体的には、他の対人SPLAXゲーム(ストライカーズワールド、ダイナマイトテニス、おらおら学園等)の有名サイト編集者と協力し、荒らし魔のIPアドレスの共有を行ったり、荒らしの判断基準・対処法の確認を行ったり・・・。様々なことを行ってきました。これらの効果があったのかどうかは正直わかりません。しかし心なしか、自分達の周りに荒らし魔が少なくなってきたな、という実感はありました。協力していただいた方々には、本当に感謝しています。

さて、「荒らし魔」の話題から「攻略ページ」に話を戻すと、2020年は足りない攻略情報を不足する記事として、「応用攻略シリーズ」を執筆しました。「応用」といっても、「状況判断特論」で掲載されている内容以外は、剛者の方々なら当然のようにやっているような技術ばかりを並べたものです。しかしどのサイトにも掲載されていない。これでは新しくハガクレを始めた物好きなプレイヤーが、そうでないプレイヤーに追いつけないと感じ、執筆させていただきました。実際2020年の城取りステージは、一定以上のスキルをもつプレイヤーとそうでないプレイヤーの差が大きいと当WIKIのコメント欄にも記載されおり、ますます執筆の必要性を感じていました。正直、当WIKIは攻略サイトとしては未完成です。書く予定だった記事として、「城取援護特論」・「城取剥がし特論」・「城取守備特論」・「状況判断実践特論」がありました。これらが書ききれなかったことについては、殲滅部隊の力量不足です。執筆途中で疲れてしまいました。

②日記ページ

日記ページの果たした役割

ハガクレにおいてお手本になるべきプレイヤーを殲滅部隊のメンバーがまとめた「浜 うまい人一覧ページ」や「城取り うまい人一覧ページ」、その逆で、注意喚起したいプレイヤーを殲滅部隊がまとめた「ハガクレ ブラックプレイヤー一覧ページ」、ハガクレプレイヤーが投票形式でお手本になるべきプレイヤーを選ぶ「強い人投票コーナー」等、リアルタイムで情報が更新されるものについてまとめたページが「日記ページ」です。

「強い人投票コーナー」の総括

正直、「強い人投票コーナー」は、荒らし魔のせいであまり機能していませんでしたね。2020年5月、殲滅WIKIをWordpressベースにリニューアルしてからは、荒らし魔も若干少なくなりましたが、それでも誹謗中傷等の荒らしは見られました。面白いことに、荒らし魔って変化しないんですよね。荒らし魔としてマークしていたプレイヤーの半分以上が、移転前のサイトから引き続き荒らしを行っていました。しつこい方だと2年前から偽物行為を繰り返しているみたいです。荒らしという自覚がないのであれば、本当に重症です。

「ブラックプレイヤー一覧ページ」の総括

一方「ブラックプレイヤー一覧ページ」については、少なからず効果があったと思っています。ブラックリストに載せられたプレイヤーが数か月後ラグが解消されていたり、界隈での情報共有が進んだおかげか、段々姿をみなくなったり。思った以上にメリットが大きかったです。ただ、非難の対象を間違えるとハガクレプレイヤーが離れていってしまうので、非常に管理の難しいページでした。チート以外のブラックプレイヤーの掲載は判断が難しく、「3人以上の殲滅メンバーからクレームのついたプレイヤー」のみを掲載するようにはしていました。2017年後半以降はSPLAXのサーバーにも少なからず問題があるのではないか、との見解が増えたため、また正直ハガクレが過疎りつつあったため、更新をしなくなりました。当サイトにWIKIを移転してから、ブラックプレイヤー一覧ページが姿を消したのは、このような理由からです。

「うまい人シリーズ」の総括

「浜うまい人一覧ページ」や「城取うまい人一覧ページ」もかなり効果があったのではないかな、と思います。ハガクレプレイヤーにとって一つの目標になりますし、ハガクレのチャット等で、うまい方にアドバイスを求める機会も目に見えて増えていたからです。客観的な意見を取り入れるとともに、リアルタイムでの更新をする必要のあるこれらページは、作成・維持共に本当に難しかったです。

話が少しだけそれますが、先日ベイビー太郎さんの履歴書を読まさせていただきました。猛者ならではの苦悩があったと。掲示板等で難癖つけられたり、チート疑われたり、他者と比較されたりと。すごく気持ちが分かります。筆者もチートを疑われたり、他者と比較されたりということは何度も経験していますから。(筆者は、IPアドレスを利用してこのような悪質なプレイヤーを特定し、ある程度距離を置くことができたのが不幸中の幸いでした。)ただ、やはり、そうやって一般のプレイヤーに矛先を向けられるのが、対人ゲームにおける猛者の宿命なのかな、って筆者は勝手に思っています。強くなりたい、と思っているプレイヤーが、自分よりもうまいとされている、気にくわないプレイヤーに難癖付ける気持ちは、分からないでもないです。

もしかすると「うまい人シリーズ」の存在そのものが、猛者の方々に負担をかけてしまったかもしれません。特に金枠・銀枠(浜★12以上、城取り★7以上)のプレイヤーの方々は、色々なプレッシャーもあったことでしょう。筆者自身も該当するプレイヤーにアドバイスを求めたり、対戦後の感想を聞いたりしたことがあります。だって本当にうまいんだもの。真似したくなるよね。該当する方々、本当にお疲れ様でした。

「うまい人シリーズ」の作成

さて、この「うまい人」シリーズですが、基準が気になるという声も少なからずお聞きしております。これについて、できる限りかみ砕いてお伝えします。

まず、「うまい」というのが何かについては、かなり意見があったので、様々な要素を加味しています。点数を取れる人がうまいという意見もあれば,タイマンをした際に勝てる方がうまいという意見、攻撃を仕掛けられる人がうまいという意見等、様々です。

2015年に初めに表を作成した際は「実績(カンスト回数、知名度等)」・「最高得点」に重きを置いて、まずそれぞれのランクのベースとなるプレイヤーを、本隊・黒影のメンバーで決めています。それらプレイヤーを掲載した表を基に、20人弱のプレイヤーを掲載させていただきました。

しかし、これだと「技術面」についての考慮があまりありません。「実績」の項目である程度判断することができますが、仲が良ければ印象もよくなり評価も無意識的に上がりますし、対戦の相性だってありますし、引き気味なプレイで比較的楽に点数を稼いているプレイヤー、あるいは「技術」はあるけどあまりハガクレをプレイしないプレイヤーだって存在しています。そこで上位掲載者(城★7以上、浜★11以上)については、初回掲載以降から、技術面についても考慮するようになっていきました。具体的には、「技術」について以下の客観的な4項目についての考慮を加え、「実績」・「最高得点」・「客観的技術」の3つでの評定を行っていました。

城取り 制圧 援護 剥がし 守備
攻撃 間合い 状況判断etc.

それぞれ5点満点×4の20点+特殊能力(5点分)の25点で評価させて頂きました。当たり前ですが、キャラクターごとに性能が違うため、得意分野・求められる役割というのはキャラクター毎に変わります。そのため、4項目が全て同じ点数配分だからと言って、同じ評価をしているわけではないです。これ以上詳しく書くと長くなるので、割愛します。城取★7以上の方、浜★11以上の方は例外なくログが残っているはずなので、気になる方はそっとDMで聞いてみてください。


(執筆後記)上の説明だと、少しわかりにくいかもしれません。以下は、筆者の大まかな目安で例外もあるのですが、差が出る技術についてまとめています。

Rate Rate 城取り
★13~ ★12+特化した強みor未知の技術 ★9~ ★8+特化した強みor未知の技術
★12 「予測・見聞色」
「流し打ち」「無敵利用」「押し引き」
★8 浜の★11に加え、「前後クッション」「高速制圧」
★11 「状況判断」「追撃」「複数戦術持ち」「避け」 ★7 浜の★10に加え、「上下クッション」「軸ずらし」「守備ルート確保」「切り替え」「外だし・中入れ」
★10 「地這間合い」「複数攻撃パターン持ち」「被せ打ち」「5方向落ち」 ★6 「着地コントロール」「端寄せ」「ポインター衝撃吸収」「タイミングずらし」「連続落ち」


その他

★基準を公開しない理由について聞かれたことが数回あります。理由は、殲滅会オリジナルの基準を公開し、他者に利用されたくないというものです。これは殲滅会が基準を独占しよう、といった考えに沿ったものではなく、敢えて公開しないことで、様々なサイトにおいて色々なクラン・プレイヤーが他者の評価を行っほうが、多くのプレイヤーが評価されハガクレ界隈も盛り上がるのではないかという考えに沿ったものです。ただ正直なところ、当サイト以外で似たようなものがあまりでてこなかった意外でした。「ハガクレランキングの人」がYoutubeで他プレイヤーのタイマンの評定動画を出しているように、もっと色々な方が情報を発信するのかな、と思っていましたが。。。この点は本当に誤算でした。

★「うまい人シリーズは隊長1人の独断なのではないか?」という意見については、否定します。当シリーズは、2015年から2020年の更新期間、プレイヤー掲載時に「城取シリーズ」は少なくとも3人の意見を、「浜シリーズ」は少なくとも2人の意見をベースに決めていました。人員が不足している場合は、殲滅部隊の方以外の方からもアドバイスを頂いたこともありました。ありがとうございます。あくまで筆者の知る限りでは、ですが。浜の★9~10、城の★4~6は、筆者たちが知らないうちに、メンバーの独断で更新されていて可能性はあるかもしれません。

 

③イベント開催

殲滅部隊では、計7回(違ったらすいません)ものイベントを開催してきました。結果については、大会編大会編2020をご覧ください。色々な方に参加していただいて、本当に感謝しています。ありがとうございました。運営は最初は大変で、おぼつかない部分もあったかと思います。時にはチーターに悩まされ、延期や中止になることもありました。それでも大会参加者の方々のサポートで、多くの大会を開催できました。ありがとうございます。最初は隊長・副隊長しかできなかった運営も、段々他の殲滅メンバーが行うようになってくれて、筆者はクランの成長を感じられました。

 

④その他クランとして意識していたこと

前述したように、当界隈に民度の低いプレイヤーが多かったことを問題視していたので、そういったプレイヤーには度々注意をしたり、荒らしやラグについて説明したりしてきました。相当数注意したと思います。鬱陶しく思った方、間違いなくいると思いますが、こちらも余程ひどくない限りは注意してないので、注意されたほうが100%間違えてるよ。

 

終わりに

筆者自身、最後までハガクレを盛り上げ、そして楽しませていただきました。ハガクレが終わってしまうのは本当に残念で、人生の中で1つの区切りがついた、そんな気分になっております。

殲滅会は8年以上続いた唯一のハガクレクランだと思います。最後はアクティブなメンバーも減ってしまいましたが、よくこれだけ長い間続けてこれたな、と思っています。これも皆様のおかげです。長らく殲滅会をサポート・応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。そして殲滅会のメンバーの方々、これまでついてきてくれて本当にありがとう。これからもよろしく。殲滅会は永久不滅です。それでは。

 

今後の当サイトについて

今後、当サイトはよほど閲覧者が減らない限り、運営していく方針です。引き続き、よろしくお願いいたします。履歴書の作成も、いつでもお待ちしております!


おすすめ

8件のフィードバック

  1. みかん より:

    ありがとう

  2. おはし1 より:

    ハガクレまだ続いているという噂があります
    できるならば私はハガクレをつづけていきたいです
    噂ですよ。

  3. ソーコー より:

    まだ続いているよ

  4. レオリオ より:

    まだできます‼️ぴとさんの動画みて下さい‼️

  5. レオリオ より:

    まだできます!ぴとさんの動画みて下さい‼️

  6. レオリオ より:

    すいません、二回も

  7. 千刃ラカン より:

    ここへの書き込みが適切かわかりませんが書き逃げ失礼します。
    非常に楽しいゲームでした。関わっていただいた皆様ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA