その他テクニック編

その他テクニック編

個人技編

テクニック編で紹介しきれなかったが、重要なテクニックについて紹介していく。

逆向き着地

ジャンプをすべて使った状況で自分の着地するであろうところに敵のリーチが届くか否かの微妙な距離にいた場合、相手とは反対向きになることによって無理矢理でも着地するというもの。反対向きになることによって横リーチが短くなり、着地する確率が上がるからである。難易度が高く、使える場面が限られてくるので練習しづらい。

 

キャンセル攻撃

攻撃モーションをすべて出し切る前に自ら強制中断させ、素早く次の行動に出るというもの。
軽業や手乞がわかりやすい例で、これはコンパクト連撃やキャンセル攻撃の基本的な動きと言える。
特殊攻撃の持つベクトル変更能力を上手く取り入れながら、キャンセルを用いて攻撃につなげる技のこともいう。

着地コントロール

振るとダッシュ距離が短くなることを利用して、床降り時の落下曲線を変更する。雲の上から最短で陥落スペースに乗りたいときや下にいる敵に攻撃するときに使用する。
一見簡単そうだが、コツが必要。

 

鎖術対策

鎖術を相手にするとき、相手の攻撃範囲ギリギリまで近づいて前方方向にジャンプすると、AttackAを回避しながら接近・攻撃することができる。「ジャンプ性能」の高いキャラほどやりやすい。
自分がやられた場合、冷静にAttackBを繰り出すといい。その際、適度に距離を開けたい場合は地上でAttackBをして相手のみを遠ざけ、より距離を開けたいのならジャンプなどを行い空中でAttackBをして、相手だけでなく自分も衝撃で飛ばされるように区別できるとなおいい。

集団技編

主に複数人での立ち回りについて考察していく。

 

カメラワーク利用

連携奇襲

ハガクレにおいてプレイヤーの視野は、他プレイヤーが近くにいる場合に狭くなり、いない場合に広くなる。この特徴を利用して、囮役のプレイヤーが接近して敵の視野を意図的に狭め、視界外から奇襲役が一気に距離を詰めて攻撃する、という連携テクニックがある。
以下の動画像のように、視野の範囲外から攻撃が飛んでくるので、不意打ちになる。この場合、囮役は無理に攻撃を当てようとするのではなく、味方の奇襲が届きやすいところで敵に密着することを考えて行動する。したがって振り回数が多く、俊敏な動きのできるキャラが望ましい。
奇襲役はタイミングを見計らって急接近し、攻撃する。この一撃を当てるために一連の行動を行うので、攻撃力があった方が好ましい。他にも成功確率を上げるために、長距離間での奇襲が可能になる特殊攻撃を用いること(手乞や長柄のは特に優秀)や、リーチの広い攻撃を用いることも考慮しておくといい。
この技を敵に使われた場合の対処法は囮役を突き放して適度な距離を保ち、相手奇襲役を目視して冷静に弾くか、それが不可能だと判断(適度に離しても接近されてしまうなど)したときは速やかにその場から撤退、もしくは援護要請することをおすすめする。

 

先回り

相手がスタミナゲージを使い切って一時退避しようとしている場合、その退避ルートを瞬時に読んで先回りし、相手を攻撃するというもの。乱戦の時に有効的である。

 

フォーメーション

挟撃

自分と味方との間に敵を位置させ、攻撃する。敵が攻撃を防ぎ続けると弾かれた反動でテニスのラリーのような状況になり、確実にスタミナや体力をそぎ落とすことができる。ただ、その相手が振り回数の多いキャラだと仕掛けたこちら側が不利になるので、敵の振り回数が少なく、味方の振り回数が多いときのみの使用に限った方がいい。

 

共同体

挟撃は二方面から攻撃するのに対し、こちらは一方面、つまり共同体となって敵軍と対峙する。
敵を挟むようにするとダメージ効率は上がるものの、こちらも甚大な被害をこうむる危険性があるが、1集団となって行動すると体力はそこまで削れないが、味方の体力は維持しやすい。主に攻め等戦況を大きく変えたい場合には「挟撃」をし、時間稼ぎをしたい守り等のときはこれを用いるというように使い分けれるといい。

おすすめ

4件のフィードバック

  1. 殲滅隊✡太公望 より:

    手乞と術師のビームキャラは落下中にZ・Xの連打攻撃すると、それに引っかかるキャラ続出で効果的!ですyo。

  2. B'z大好き より:

    らっぱでXキーと下ホイールを同時押しDHESU

  3. 伝説の乱破 より:

    老師の3段ジャンプ後のxz同時押し!

  4. 匿名 より:

    ベクトルてwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA