ジャンプ編

ジャンプ編

当ページでは、ハガクレで使用する各キャラクターのジャンプ回数や、ジャンプ高度などについて表を用いてまとめる。

ジャンプ回数

ハガクレにおいて、何回連続でジャンプすることができるのかをまとめたのが以下の表である。特Jとは、特殊ジャンプのことである。特殊ジャンプ持ちのキャラクターについては、評価をやや挙げている。

評価 キャラ名 回数 備考
老師
A+ 軽業 3+特J
A 乱破
B+ 浪人,鎖術 2+1 「+1」⇒ジャンプ回数+特殊攻撃1回
B 術師 2+特J
C 僧兵,剣聖,手乞,長柄 長柄の特殊攻撃は飛びすぎて多様性に欠けると判断(「+1」にはカウントしない)。

 

ジャンプ性能

ハガクレにおいて、どれだけ高くジャンプできるかを測定し、以下の表にまとめた。

評価 キャラ名 備考
S 僧兵 特殊ジャンプ使用時
A+ 浪人
A+ 剣聖
A 術師
B+ 老師
B 鎖術
B 乱破
C+ 僧兵 通常時
C 軽業
D+ 長柄
D 手乞 端から3つ目の雲に乗れるようです。(ただし赤城に近い方のみ)

 

総合

評価 キャラ名 備考
老師 4回というのが大きい
A+ 軽業 軽業ジャンプを使うことで、高く飛ぶことが可能。
B+ 浪人
B+ 乱破
B 術師
B 鎖術
C 剣聖
D+ 僧兵
D+ 長柄
D 手乞

軽業ジャンプ

通常のジャンプに弾き効果のある特殊ジャンプを交互に加えてジャンプするというもの。軽業のみ使用可能。弾き効果により事実上無敵状態でジャンプでき、その距離も普通にジャンプするよりも少し長い。中央塔の頂上から雲に上るときや、敵を無理やり押しのけてでも城に上りたいときに効果的だ。手順は以下の通り

 

①ジャンプ

②特殊ジャンプ

(移動の間隔極力短く)←ここが難しい(*)
<①に戻る>

 

〔①と②は最大3回繰り返せる〕

(*)の時間隔が長いと、重力によって通常の3段ジャンプよりも飛距離が落ちてしまうことがある。雲に乗る際は特に実感するだろうが、タイミングが非常に難しい。ジャンプ,特殊ジャンプ共に最高地点で次のステップに移行しなければ大概失敗する。

特殊ジャンプ編

発動条件

特殊ジャンプ:キャラによって異なる。(そもそも特殊ジャンプがないキャラもいる。)

キャラ名 条件(サイト引用)
僧兵 体力が残り2以下になるとジャンプ力がアップ!
術師 ゲージMAX時に3段目のジャンプが横方向に飛ぶ!
軽業 空中で上ホイールorZ

僧兵

単純にジャンプ性能が向上する。横軸、縦軸ともに伸びるので、僧兵のリーチにも影響を及ぼす。

 

術師

横方向に高速移動する。飛距離も長く、使い勝手がいい。移動や強襲目的で使う。

 

軽業

横方向に跳ねるように移動する。移動や、独特な動きからテクニックにも使われる。その一例が「軽業ダッシュ」である。詳しくはその他キャラ操作編の「ダッシュ編」をご覧ください。

各データの計測法はこちら (研究部)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA