フェイント編

フェイント編


フェイントとは

相手の攻撃を範囲ギリギリでかわし、自分の攻撃につなげる技。振り回数の少ないキャラほど使われたら苦しく、リーチの長い相手ほど成功させづらい。当ページでは、様々なフェイントについて紹介していく。

 

地上型

「地上フェイント」

相手に背を向けるように後ろへ歩くことで攻撃を回避し、攻撃がやむタイミングを見計らって振り向いて攻撃を当てる。
相手の歩行速度に合わせて行い、相手の攻撃が触れるかぎりぎりの距離間を保てると上手くいく。
速く歩けるキャラほど成功させやすい。
※振り向く際に、軽業の特殊ジャンプは使わなくても良い。

 

「連続フェイント(地上フェイント使用時)」

地上フェイントを続けて2回以上すること。単発では相手の攻撃がやまず、2度3度と執拗に振ってくると予想したときに使う。
各フェイント間で静止する時間を設けた方が決まりやすい。1度フェイントを入れた後反撃すると予測させるためだ。
※後に紹介する「地上フェイント」以外のフェイントでも状況によっては2回以上連続で使用するときもあるので、トレーニングしておくといい。

 

空中型

「空中フェイント」

通常なら相手のいる位置に直行してあてに行くところを、最初にその方向とは反対に跳ぶモーションを加えることで、空中でも行うことができる。3段ジャンプ以上できるキャラなら、残りジャンプ数を相手との距離を考慮しながら前に述べた一連の動きを補うことを意識して臨機応変に使っていく。「ジャンプ回数」の多いキャラ、「ジャンプ性能」の高いキャラほどやりやすい

 

軽業専用フェイント

「空中ジャンプ軽業フェイント」

空中にいる際、相手の攻撃を相手と逆向きに特殊ジャンプをすることによって回避し、元に戻るように再度特殊ジャンプをして攻撃を当てる。軽業のみ使用できる(独特な動きのできる特殊ジャンプをもつため)。

 

「燕返し軽業フェイント」

地上にいる際、相手の攻撃の直前でジャンプして体を適度に浮かせた状態にし、そこから素早く空中軽業フェイントを使うというもの。後に紹介する「リバース軽業フェイント」よりは浮遊時間が長いため、フェイントしやすい。
軽業のみ使用できる。

「リバース軽業フェイント」

地上にいる際、相手の攻撃の直前でジャンプし、体が地面から離れた瞬間にすぐ空中の軽業フェイントを使うというもの。よって、相手はジャンプせずに特殊ジャンプを使っているように見える。ただ、「燕返し軽業フェイント」と違って、一連の過程でのジャンプによる滞空時間がこちらの方が短いため、避ける時間と攻撃する時間との間に一旦着地が入る。軽業のみ使用できる。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA