名前編

名前編

ハガクレにおけるプレイヤー名

ハガクレでは、任意の名前を入れてプレイすることが可能である。字数は8文字まで入力可能。空白にしたり、禁止用語(下ネタ、過激なワード等)を入力すると、自動でGuestという名前にチェンジする。

ハガクレで自らの名前を入力するタイミングは、タイトル画面しかない。以下の画像のように、名前入力欄に名前を記載することで、プレイ中は勿論、ランキングにもこの名前が反映される。

一度名前を入力すると、次回のプレイ時から名前入力欄にすでに名前が記載されている状態でプレイできる。ただし、GoogleChromeのシークレットモードを使用している場合や、Cookieを削除した場合などは、もう一度名前を打たなくてはならない。

当たり前ではあるが、自分の本名を入れてプレイすることは好ましくない。ハンドルネームと呼ばれる、ゲーム内でのプレイヤー名を決めておくのが無難である。

 

プレイヤー名を情報伝達に使う

ハガクレでは、「かたじけない」や「どうする?」等、ゲーム内で決められたワードでチャットをすることはできるが、これだけだと詳細な情報を他プレイヤーに伝えるのは難しい。もっと伝えたいこともあるだろう。そのため、ハガクレでは、プレイヤー名を情報伝達として使うケースがしばしばみられる。

情報伝達といっても、8文字までしか名前を入力することができないので、いかに短い言葉で情報を伝えるかがカギになる。そこで、当ページでは、ハガクレでしばしばみられる情報伝達のワードを、「効果的な名前」として紹介する。

 

効果的な名前

ここは、「こういう使い方もあるんだな」くらいの認識で結構です。プレイ中に伝えておきたいことは、警告,戦術などの情報である。

 

名前の構成条件は以下の3つで、これらを意識して作成する。

 

  • 7文字で収める(8文字だと、プレイ中に表示される名前の8文字目が表示されない)
  • 個人判別ネームを入れる
  • 情報伝達ネームを入れる

 

情報伝達ワードに関しては、相手になるべく少ない文字で正確に伝えることが重要だ。

 

オススメワード

  • 「升」     ・・・「チート」の意味。その形から短縮することによって連想された。
  • 「ラグ」    ・・・動作が重いこと。語尾に「い」をつけて普段wikiなどでもよく使用する言葉。(「ラグい」ということ)
  • 「デブ」    ・・・「手乞」のこと。「手」より1文字多いが、より確実に通じる。
  • 「撮影中」   ・・・動画または画像を撮っていること。
  • 「大会中」   ・・・大会を開催している最中ということ。邪魔するなといいたいことが一般的。
  • 「wiki」or「Wik」・・・当サイトのこと。
  • 「ハガ茶」   ・・・ハガクレチャットのこと。ハガクレプレイヤーが多く集まるチャットである。
  • 「新茶」    ・・・ハガクレチャット2020のこと。新ハガクレチャット、からこのように。
  • 「日茶」    ・・・日記チャットのこと。殲滅部隊の多く集まるチャットである。
  • 「M」or「D」         ・・・Mラン、Dランのこと。この後に数字がついて、個人を指定する用途が多い。(M150など。Mラン150位の略。)

 

上記の単語は情報伝達のワードである。先ほども述べたが、これと他プレイヤーとの判別するための固有の名前とを組み合わせる。

 

例)・・・「撮影中/隊長」※、「M150升注意」 etc.

※「隊長」は個人判別ネームの1例です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA