衝撃利用編

衝撃利用編


衝撃とは

ハガクレでは、自分の攻撃が相手の攻撃と相打ちした際に、自分と相手の両方が、相打ちの反動によって少し移動する仕様がある。これを「衝撃」と呼ぶ。「衝撃」は、地上にいる時よりも空中にいる時の方が大きくなり、相打ちの反動によってより遠くへ弾き飛ばされてしまう。この「衝撃」を活かしたテクニックを紹介するのが、当ページである。

地上型

「ポインター衝撃吸収」

城取り合戦において、相手の城を制圧する際などに、マウスポインターを自分のキャラ、もしくはキャラの上下に置いて攻撃する。このようにすることで、制圧時の自らの「軸」が安定し、衝撃が発生した際に移動する距離を抑制できる。特に空中にいる相手に用いると効果は絶大で、打ち負け防止につながる。
自らのキャラクターが動いていなくても、相手と相打ちした際の衝撃によって少なからず軸ずれが発生する。この状態でさらに相打ちを食らうと、大きく飛ばされてしまう。従って、城取りの制圧においては、この「ポインター衝撃吸収」を連続で行うテクニックが重要になってくる。
その他、城取りで相手の道をふさぐ際や、浜で回復台から落ちないようにする際にも用いられる。

空中型

「ジャンプ衝撃吸収」

相打ちとなる状況を予測し、相打ちになる前に少なくとも1回はジャンプを残している状態で、相打ち狙いの攻撃をする。その後、衝撃によって弾かれたら、残りのジャンプを素早く入れることで、衝撃による移動距離を抑制するのが、この「ジャンプ衝撃吸収」テクニックである。「ジャンプ性能」の高いキャラほどやりやすい。

 

「衝撃発生」

先ほど紹介した「衝撃吸収」とは逆で、衝撃を利用して移動をしたい場合に、意図的に攻撃を当てて衝撃を発生させる。衝撃を吸収しないために、マウスポインターは移動したい場所の当たりを指すようにする。移動性能の低い重量級キャラクターが、距離を適度にとるために多く用いられる。

 

「追撃」

「コンパクト連撃」と「衝撃発生」の応用。これら2つのテクニックを組み合わせた高難易度テクニックである。リーチの短い攻撃で弾かれた後、瞬時にリーチの長い攻撃を出すことでヒットさせる。弾かれたときに素早く2回目の攻撃を入れることがコツで、成功すると一方的に攻撃をあてられる。

 

「流し打ち」

相手を前から後ろにかけて攻撃し、相討ちになった際、相手と自分が同じ方向に跳ね返ることを利用する。一般的に、向かい合うキャラクター同士が相打ちを起こした場合、衝撃によって、両者は別々の方向に飛ばされるが、この「流し打ち」では同方向に飛ばされる。意表を突くフェイントとしても用いられる。振り回数の差が多いほど成功しやすい。故意でなくとも流し打ちになるケースは多々ある。

おすすめ

6件のフィードバック

  1. 名無しさん より:

    全員ランク凄いナリ…どうすればいいナリか… — う

  2. より:

    出来たら苦労しなくね?

  3. サイバードック より:

    追撃どうやればできるんやろ

    • dullman01 より:

      サイバードッグさん、自分のキャラクターの中心の近くで相手をはじくことを意識すると、2発目に追撃が入りやすくなりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA