連撃編

連撃編

連撃とは

素早く攻撃モーションを繰り返すことで一回で消費するスタミナを圧縮し、振り回数を増やすテクニック。振り硬直の違いから、キャラによって最大連撃回数は異なる。振り回数は増えるが、ほとんどの場合がスタミナをすべて使い切ることになるので慎重な判断が求められる。当ページでは、連撃に関する様々なテクニックについて紹介する。

 

通常型

「コンパクト連撃」

 

通称C連撃。連続で素早く振ることで、未使用時より格段に多く振ることができるというもの。スタミナゲージは一瞬ではなく、極僅かではあるが時間をかけて消費していくシステムであるため、例えば「一回の攻撃で三分の一ゲージを使用するキャラ」で攻撃した場合に、その3分の1のスタミナゲージが完全に消費される前に次の攻撃を打ってしまおう、というものである。詳しくはスタミナゲージ編を参照してほしい。
C連撃においては、特殊攻撃(手乞の「キャンセル」との組み合わせや乱破の特殊攻撃後など)と組み合わせることで複雑な動きができる。老師の場合、上リーチも長くなるので、フェイント以上の効果がある。
リミッター持ちの攻撃しか持たないキャラクター(「鎖術」と「長柄」)では使用できない。

 

「ジャンプコンパクト連撃」

通称JC連撃。ジャンプしながらコンパクト連撃することで、コンパクト連撃の特徴であるリーチ発生時間の増加とジャンプの相手との距離を詰められることが狙えるので、当たる確率が上昇する。「乱破」・「老師」・「軽業」がこれを使うと、3段ジャンプ後の特定のスクロールで特殊攻撃が出る。

リミッター持ちの攻撃しか持たないキャラクター(「鎖術」と「長柄」)では使用できない。

 

「振りコンパクト連撃」

通称LRC連撃。コンパクト連撃での攻撃の方向を1回ごとに(もしくは適当に)方向変換して攻撃するテクニックである。混戦状態で使うと非常に効果的である。こちらも「鎖術」と「長柄」では使用できない。

 

上昇型

「老師連撃」

通常コンパクト連撃を老師ですると、体がAttackBによって浮き上がることを利用する。ジャンプ連撃と老師連撃を同時にするとより体が浮いて、3段ジャンプ後の上スクロール時に特殊攻撃が出る。ただし、敵を陥落スペースから引き下ろすときは、敵との密着度が少なくなり、老師の長所である上リーチをつぶすことになるので、あまりお勧めはしない。
おすすめの使い方を1つ紹介すると、老師編で紹介している「パターン2」の攻撃方法を用いて、床に向けて特殊攻撃後、着地したら余っているスタミナで老師連撃をする使い方が効果的である。老師のようなAttackBを使えるキャラクターが他にいないため、老師のみが使用可能。

 

「軽業連撃」

空中で通常コンパクト連撃を軽業ですると、体が特殊ジャンプによって横移動するというものである。
ジャンプ連撃と軽業連撃を同時にすると上方向の力が加わり、斜め上に移動する。その後3段ジャンプ目の下スクロール時に特殊攻撃が出る。軽業のような特殊ジャンプを使えるキャラが他にいないため、軽業のみが使用可能である。

おすすめ

1件の返信

  1. 名無しさん より:

    つまり、zx連打sdinってことだな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA