ゲーム内チャット編

ゲーム内チャット編


ゲーム内チャットとは

ハガクレでは、プレイヤー同士が自由にチャットを行うことができない代わりに、ハガクレに関連する、運営の指定したワードのやりとりを行うことができる。これがゲーム内チャットである。
ゲーム内チャットは、現在チームプレイが最も求められる「城取り合戦ステージ」のみで使用できる。他のステージでは数字ボタンを押しても何も出てこない。
ゲーム内チャットでやりとりできるワードは全部で9種類あり、0~8までの数字キーで使用できる。使用できるワードは、以下の通りである。
数字キー 出力される文字 期待できる効果(ゲーム内での意味。本来とは異なる場合がある。)
御意! 返答,許可,理解,同意
攻める! 意思表示
守る! 意思表示
かたじけない! 感謝
攻めを頼む! 依頼
守りを頼む! 依頼
どうする? 質問,挑発
援護する! 意思表示
すまぬ! 謝罪,謝礼,依頼

ゲーム内チャットは、城取りステージのプレイ中に、頭上と画面左下の2か所で表示される。

頭上表示

  • 両チームとも見ることができる。
  • 5秒間表示された後、消える。

 

画面左下表示

  • 味方チームのみ見ることができる。
  • 味方の出したコメントを4つまで蓄積・表示する。
  • 新たなコメントがされなければ、8秒後に、一時的に消える。

 

正直なところ、現在はセリフのバリエーションが乏しく、状況把握がしづらいので、効力は低いと思われる。プレイ中に「攻めを頼む」や「守りを頼む」等のセリフを発しても、味方のうち誰も反応してくれないことがしばしばある。運営には「どうする?」などの無駄なセリフを減らして、バリエーションを増やしてほしいものだ。通常の用途ではなく、ほとんどのプレイヤーが、以下の「応用」で記している用途で用いていることだろう。

 

応用

ゲーム内チャットは、単にチャットとして用いるだけでなく、体力ゲージを隠したり、テクニックと組み合わせて相手を惑わしたりすることが可能である。

 

~体力ゲージを隠す~

「かたじけない!」や「攻めを頼む!」、「守りを頼む!」のセリフは文字数が多いので、プレイヤーの体力ゲージをすっぽり覆うことができる。これによって、自分が残り体力の少ない状態で相手に狙い撃ちされるリスクを減らすことができる。他にも用途は多々ある。適宜用いてほしい。
ちなみに、「援護する!」はぎりぎり見えてしまう。

 

~〝連携奇襲〟との組み合わせ~

相手プレイヤーに、自分が雲から退散することをコメントでアピールする。これは、こちらに対する警戒をなくすことが目的だ。

 


 


おすすめ

1件の返信

  1. 匿名 より:

    どうするって挑発だったの知らんかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA